トランスジェンダーはどれくらいいるのか

トランスジェンダーの人口について、国内の調査をまず見てみましょう

・大阪市が2019年に実施した「大阪市民の働き方と暮らしの多様性と共生にかんするアンケート」ではトランスジェンダーの割合は全体の0.7%でした。この調査は大阪市の住民基本台帳から無作為抽出した18歳から59歳までの15,000人の市民を対象に郵送配布・郵送回収(ウェブ回答選択可)としたものです。

当該の質問内容としては「あなたは今のご自分の性別を、出生時の性別と同じだと捉えていますか」というもので、出生時の性別が男である1,754人の回答者のうち、今の性別認識にもっとも近い性別が「女」である人が6人、「その他」である人が6人、両者を足し合わせると出生時の性別が男である人のトランスジェンダー割合は0.7%でした。また出生時の性別が女である回答者2,517人のうち、今の性別認識にもっとも近い性別が「男」である人が4人、「その他」である人が16人、両者を足し合わせると出生時の性別が女である人のトランスジェンダー割合は0.8%でした。

埼玉県が2020年に実施した「LGBTQ実態調査」ではトランスジェンダーの割合は全体の0.5%でした。この調査は埼玉県の住民基本台帳から無作為抽出した18歳以上64歳以下の15,000人の市民を対象に郵送配布・郵送回収(ウェブ回答可)としたものです。

当該の質問内容としては大阪市の調査と同じく「あなたは今のご自分の性別を、出生時の性別と同じだととらえていますか」というもので、回答者5,606人のうち30人(0.5%)がトランスジェンダー でした。また男女いずれかの性を自認しているトランスジェンダー(つまりトランス男性またはトランス女性)は人口の0.05%でした。

国外のデータも見てみます。

米国のUCLAによる2016年の調査:トランスジェンダーのアイデンティティを持つ大人は人口の0.6%でした。比較的多かった州としてハワイ州、カリフォルニア州などで0.8%、比較的少なかった州としてノースダコタ州、モンタナ州などで0.3%でした。

・英国ではトランスジェンダーの人口についてはっきり言える調査はありませんが、およそ20万〜50万人ぐらいいるのではと政府資料には掲載されていました。英国人口と比較すると、0.3~0.7%ほどが見積もられています。

以上にあげたものは、現在分かっていることの一部であり「トランスジェンダーの人口はこうだ!」と断言できるものではありませんが、人口の1%にも満たない可能性が高いことは言えるでしょう。LGBTQの人口について、よく「クラスにひとりはいる」「左利きと同じくらいいる」などと称されることがありますが、これはゲイやレズビアンなどの性的指向にまつわるマイノリティを含めた数字であり、トランスジェンダーはもっと少ないと言えます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。